精力剤 食べ合わせ

精力剤 食べ合わせ

精力剤 食べ合わせ

普段の料理の食べ合わせで精力剤の効果を再現

 

精力剤のような効果は、普段の食事では食べ合わせの工夫をすることで、再現させることは不可能ではありません。

 

効果を相乗的に高めたり、逆に相殺してしまうことがあるのは、相克と相生の理論によって明確になっています。

 

一般の家庭で実践する場合には、自分にとって不足している栄養を見抜いて、複数の種類を相互に競い合わせることで、精力剤の代替としての仕組みを作ることができるのです。

 

 

補気剤として使われる高麗人参には、薬膳では鶏肉を組み合わせることが多いのは、互いの相乗効果を発揮するためです。

 

人参だけを使う場合であっても、有効成分のジンセノサイドの働きが見事なのですが、韓国の薬膳では養陰作用のあるナツメも同時に使うのが特徴です。

 

スッポンやフカヒレなどの薬膳料理の食べ合わせの場合には、スープの中には人参や生姜なども用いて、相乗的な作用を期待することもあります。

 

 

和食の食べ合わせの場合には、納豆にネギを加えたり、牛丼に生姜の漬物を添える食べ合わせが特徴的です。

 

納豆は万能の栄養食材ですが、ネギを加えることによって、アリシンの作用で精力剤のような効果が発揮します。

 

鉄分やアミノ酸が豊富な牛丼に生姜を添えれば、ジンゲロールなどの有効成分の働きで、血流を促進する作用が働きます。